最近の婚約指輪事情

4月 2, 2014 | | Say something

先日、友人が結婚をすると報告してくれました。とても仲の良い友人だったので、自分の事のように嬉しく思いました。
その時に友人は婚約者に「婚約指輪を贈りたいのでサイズを教えてほしい」と言われたそうです。
私は自分が結婚した時に主人から同じ様なことを言われましたが、高価な婚約指輪は結婚したらあまり活躍する場がなく、せいぜい友人の結婚式につけていくくらい。もったいないので結婚指輪だけを頂きました。
なので、結婚指輪は少し豪華にダイヤの入ったものを買ってもらいました。
それからそのことが少し気になり、他の結婚した友人何人かにも聞いてみました。
するとだいたい半分くらいの友人が私と同じ理由で婚約指輪をもらっていませんでした。もらっても結局しまってばかりでもったいなかったと言う人、つけなくても一生の記念になるのでもらって良かったと言う人やその夫婦それぞれでした。
もっと調べてみると、欧米諸国では二つの指輪を重ね付けする人が多いようで、そのようなデザインを選ぶのが一般的なようです。調べてみるとなかなか面白いものです。
そのことを友人に話すと、彼女はやはり一生の記念にもなるので、頂く事に決めたようです。婚約指輪を見るたびに、当時の淡い気持ちがよみがえってくるのは素敵なことだなと思いました。
私も結婚10年経った時に記念に指輪をもらって淡い気持ちに浸ってみたいと思いました。

Posted in: 指輪, 結婚

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>