ウエディングケーキも、時代に合わせて様変わり!

4月 10, 2014 | | Say something

披露宴で行われるイベントの一つに、ウエディングケーキがありますよね。
「新郎・新婦の始めての共同作業です」でおなじみのケーキ入刀がありますよね。
御呼ばれして結婚式に参列する機会が何度かあったのですが、ケーキ入刀に使うケーキも様変わりしてきたのかなと感じてます。
子どもの頃、両親に連れられて参列した結婚式の披露宴のウェディングケーキは、3段とか5段とか重なっていてスゴーク大きいケーキで・・・子ども心にすごくインパクトがあるものでした。
当時、そのケーキがイミテーションで食べれないと聞いたとき、ものすごく残念だったっと記憶してるくらいです。
ところが先日御呼ばれした結婚披露宴のときのケーキは、5段重ねのケーキだったのですが、なんと食べられるとのことでした。
「えー!!食べられるの?どこら辺?」とまじまじケーキを見てしまいましたよ。
ファーストバイトなどに使うように一番下は食べられると聞いたことはあったのですが、なんとそのケーキは5段全部たべられるのだとか。
一番下は生クリームとイチゴの定番のケーキで、ケーキ入刀後招待客に配られました。
気になったのはその上の4段・・・シュガーケーキになっていて長期保存が出来るものらしいのです。
様変わりしてきたんだと感じさせるケーキでした。

Posted in: 披露宴, 結婚

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>